インプラント治療

歯を失ってお悩みの方へ

人は永久歯を失うと残念ながら二度と生え変わってきません。そのため今までは『入れ歯』などを用いるしか、その部分を補う方法はありませんでした。
しかし『入れ歯』だと固いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタついてきたりする場合があります。
このように歯を失ってお悩みの方に新しい治療法『インプラント治療』をご紹介いたします。

インプラント治療

インプラント治療とは

失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。
固定性であるためガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。

アストラテックインプラント

アストラテックインプラントは世界的な製薬、医療器具メーカーであるアストラゼネカ社のグループ企業、アストラテック社によって開発された生体親和性に優れ、長期間安定して使用できる素材である純チタンを用いた歯科用インプラントです。
1985年から開発に取り組み、現在その研究開発力と長期安定性は世界中で高い評価を得ています。

インプラント治療を行うとこうなります

歯を1本失った場合

失った部分にインプラントを1本埋入します。
従来は、健全な両隣りの歯を削ってブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことができます。

歯を1本失った場合

歯を何本か失った場合

従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療を行います。
入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんありません。

歯を何本か失った場合

歯をすべて失った場合

従来の総入れ歯ではなくインプラントを用いて治療します。
この方法なら食物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、入れ歯が合わなくなるようなことはありません。

歯をすべて失った場合

インプラントとブリッジ・入れ歯の違い

  • インプラント
  • メリット.

    固定式なので自分の歯のように食事ができ違和感がない。天然歯に限りなく近く審美性に優れている。周りの歯を削らなくてよい。

  • デメリット.

    簡単な手術が必要。自費治療になるので費用が高い。骨への定着期間をいれると治療期間が長い。

  • ブリッジ
  • メリット.

    固定式なのであまり違和感がない。治療が短期間で終わる。セラミックを使えば天然歯のようにキレイ。

  • デメリット.

    両隣の健康な歯を削らなければならない。支えになる歯に大きな負担がかかる。ブリッジと歯肉との間に食べ物のカスがつまり、口の中が不衛生になりやすい。

  • 入れ歯
  • メリット.

    比較的治療が簡単で短期間。通常の入れ歯なら保険が適用されるので治療費が安い。

  • デメリット.

    食べ心地が悪く硬いものを食べられない。食べ物が入れ歯の隙間に挟まって口の中が不衛生になりやすい。ガタつきがあり違和感がある。バネが見えて見た目が悪い。

インプラント治療の順序

1.

診査と治療計画

インプラント治療に必要な診査を行い、インプラントの治療が可能かどうかを診断します。その後、治療計画を立てます。

2.

フィクスチャー埋入の手術

歯の根に相当する部分、インプラントの部品(=フィクスチャー)を手術により顎の骨に埋入する手術を行います。
局所麻酔を用いて行いますので、安心して手術を受けることができます。

3.

治癒期間

この後、骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治癒期間を設けます。(3~6ヶ月)
※治癒期間は骨の質などにより、個人差があります。
※この間、必要に応じて仮の歯を入れることもあります。

4.

アバットメントの連結

人工の歯の支台となるインプラントの部品(=アバットメント)をフィクスチャーに連結します。
※この時、簡単な手術を行う場合もあります。

5.

人工歯の装着

インプラントを含めたお口の中全体の印象採得(=型をとること)を行います。その型に従い、人工の歯を作製します。
その後、アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。

6.

メンテナンス

インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと、3~6ヶ月に一度の定期健診が重要です。